中華110cc 4速自動遠心 載せ換え

三速のロータリーエンジンのキックが壊れ、四速の自動遠心クラッチに載せ換えです。
舞艇舎利威に載せていたものです。
スペックは、
110cc(公称)
WAVE125cc ハイコンプピストン OS 53.15mm
ヘッドアドバンス・プロ
ハイカム JUNインターナショナル
とかなり弄ってます。


JUNのハイカムもいいのですが圧縮上死点を出さないとキックできない。

そこでデコンプ付きのハイカムに交換です。
バラしです。




ネオリバーが最強ですが、小売なしなのでスケルトンを使います。




左はノーマルの凹んだピストンです。


専用のロッカーアームです。



カムシャフトに付いてるデコンプの突起は上です。




このプレートをはめます。



あとはカムスプロケットを装着します。カムシャフトにノックピンを入れ忘れないように意です。


タペット調整ですが排気側は0.05mmです。あまり広げると圧縮が上手く抜けません。


手動でコンプではないので、ときたまケッチンくらいます。
これはしょうがないです。
ただし、随分楽になりました。ハイカムですからマンゾクです。