郵政カブ50 75ccボアアップ

キタコのキット

12V仕様で排ガス規制の郵政カブに乗ってます。
この郵政カブエンジンは特殊です。
12Vのボアアップキットの装着は不可です
6vのボアアップキットは約75ccと88ccしかないのが現状です。
88ccまで行くとスリーブは薄いし、クランクケースを穴繰り加工しないとシリンダーが嵌らない場合もあります。




12Vの郵政カブなのに、6VピストンでOK。






丁寧に慣らし運転もしましたが、80cc同様に白煙吹いて焼き付き終了です。
買った時からピストンリングが摩耗しており、暖まると白煙を吹いてました。
3万キロも走行した郵政カブはやはり、腰下まで総オーバーホールしないと無理、と判断しました。
オイル系が詰まっている可能性大。
坂の多い横浜は保土ヶ谷区で酷使されたカブです。50ccのときは、ウチの坂道も15km/hくらいで登るのがやっとでした。
パーツは出ますけど、中華エンジン110ccに載せ換える方がいいですね。
そういうことも考えて50ccの郵政カブを買ったわけです。