2007年の内容で多少古いです




主なスペック
2バルブ110cc(107cc)キック
キャブ 中華オマケキャブ
マフラー WAVE110パチモノ
2バルブ110ccの方が比較的簡単に載せ替えが可能です。
今後、改造を考慮すれば125ccよりこちらお勧めします。社外パーツポン付け可能です。ホンダの純正部品との互換性があります。最高速度は85km/hくらいはでてました。

どの車種にも、載せる際の違いはあります。コツもあります。
たとえば、モンキー/ゴリラだとヘッドとフロントフェンダーが干渉します。
最近は自動遠心110ccも入手可能です。
マニュアル化したいなら別ですが、自動遠心の方が楽です。
エンジンを組みなれた人なら別ですが、自前のエンジンをオシャカにするより、中華110エンジンでスキルを上げてからでもいいように思えます。
125ccの自動遠心はクラッチが滑りやすのでオススメしません。
ポン付けでもキャブやマフラー、ステップが問題になったりします。
ここでは、基本的なことを書いてます。


製作過程 エンジンの電装 タペット調整 エンジン装着 オイルの交換 キャブレター
クラッチワイヤー ハンドル スプロケット マフラー インプレッション

この工程で載せ換えれば、無駄な買い物をしなくていいかもしれません。


瘋癲舎利威