デュアルチャージコイル バッテリー点灯


中華バギーの関連サイトをみたら、点火用のエキサイターコイルを取り外しデュアルチャージコイルにしてHID化をしている方がおりました。面白そう。
CDIもそれにともない直流CDIに変更します。
AToRiKAさんにて購入。
直流4線ジェネレター 12V車 は残念ながら品切れ。
セル用ジェネレーターのを買って使いました。
私の購入した中華エンジンは=タイプのジェネレーターです。



シャリーの旧型の角目6V用のジェネレーターが売られていたのでこれで実験です。
最終型なので12Vのクランクにも装着出来ます。
黒いのがエキサイターコイルです。
磁石のコアは4つです。






シャリーのプレートに中華コイルを移植します。
シャリーと中華の混在はやめてもう一個、中華ジェネレーターを購入。
当然、コイルの中途からはライティングの線が出ています。
これをハンダで外し、またアースも外します。






黄と白の線に繋げます。これでデュアルチャージコイルの完成です。
エキサイターコイルはありません。なので直流CDIにします。
バッテリー点灯、バッテリー点火になるわけです。






個人的に純正ハーネスの切断、加工はしたくありません。
黒の線に繋げるときは、ギボシ端子やカプラで割り込みを入れて接続します。






ライト 30w/30w
メーター 1.7w
テールランプ 5w
最低で常時35.7w使います。
ブレーキランプ 18w
ウインカー 20w
ニュートラル 3.4w
ホーン 約20w
が走行時加算されます。
HIDは装着したことがありませんが、バッテリーは上がりませんでした。これならW数の低いHIDなら使えそうです。
バッテリー点火のほうが火花はやはり強いですね。

TOP