フロントギアの交換

DJEBEL 250SE-Tはノーマルだとハイギアです。
街中では5速、6速はまず使えません。こんなバイク始めて乗りました。
5速は80km/h、6速は110km/h以上、出さないと使えません。それ以下の速度だとノッキングします。ところが、重くて馬力がないため、入れても登りだとすぐ車速が落ちちゃいます。
高速の法定速度が80km/hの時代にです(^_^;)
14丁から13丁に落しました。
DR系はクリップでギアを留めているので、左のような工具が必要になります。
スナップリングプライヤーってものです。
ギアを交換する前に、ギアのカバーを外します。リアホイールを緩めます。ジャッキ等でリアを上げ、チェーンを緩めます。
ブーレーキペダルの位置だと、フロントが浮いちゃいました。
ショックに当てて上げました。
このクリップを取るためです。穴に爪を入れて取ります。
左が14丁、右が13丁です。
裏表はあります
写っている14丁は表側です。13丁は裏側です。
出っ張りのある方が表側です。
体感的には、ボアアップしたように思えました。
アクセルを捻れば負圧キャブでも、結構な加速感を感じます。
なにより、街乗りが楽です。ということは3桁国道の山道もこれならなんとかOKです。
車高調整、セル付きのDRにも交換を勧めます!(^^)!


参考までに。
DJEBEL=DR250SEP です
DR250SL DR250SHC
DR250SHM
DR250SHEM
DR250SHEN
DR250SM DR250SN DR250SEP
一次減速比 2.818 3.200 2.818 3.200
二次減速比 3.769
49丁/13丁
3.384
44/13
3.769
49/13
3.357
47/14
3.000
42/14
一速 2.416
二速 1.733
三速 1.277 1.333 1.333
四速 1.000 1.111 1.111
五速 0.826 0.952 0.956
六速 0.708 0.826 0.826

推測ですが、DJEBEL SE-1はDR350SE(セル付き)のダウン版じゃないのかなって思っています。
もうDR250Rは完成間近だし、セルを付けたDR250SHEMも売れないし、面倒だからサ、DR350SEのパーツを徹底的に流用しちゃおぅよ、ってな感じだったんじゃないかと。
DR350SEなら、このギア比の設定は納得できるですけど……。
※GOOSE350改385のエンジンに載せ替えて、SE-1のノーマルスプロケット(14丁)に戻しました。
剣山スーパー林道のようなフラットダートでは2速か3速ですみました。高速で6速は殆ど使わないです。