ビックタンク

ノーマルタンクだと150km弱!でリザーブなのでオークションで購入しました。

平均燃費20km/l (涙

クラーク製のビッグタンクです。初めて聞く名前です。
中古なので詳細はよくわかりません(^_^;)
ガソリンキャップはアチャルビスと互換性があるようです。
サイド、シートを外した状態。
シートを固定するプレート。これも外さないとダメです購入時、教えてもらったのですが、忘れていて丸1日潰してしまいました。

DR系にビックタンクを取り付ける時はお約束だそう。
仮組みです。
しかし、微妙に位置が…。
タンクアルミステーを一度取り外し、緩めた状態でシートステーと取り付けます。
シートプレートを削った方がいいでしょう。
ガソリンホースはチョークを引っ張ると干渉しそうです(実際した)。
ゴムホースよりシリコン系のチューブを勧めます。
黒いゴムホースは固くなりやすいから。
三つ又ボルトとハンドルの隙間が殆どありません。
ボルトに穴を開けてエアホースを入れようと思ったのですがこれは無理です。
ポリタン装着前に撮った画像です


ガソリン逆流弁付き、高級エアホースを買って来ました。
2200円。

タイラップでオイルホースに固定してます。
完成です。
ポリタンなので色あせは仕方ないですね。

本当は塗装が出来て修理が可能なFRP製がいいのですが…ないです。
DR250S系にはDJEBEL XCのタンクは取り付けることはできません。メインフレームはDR250Sの方が太いのでタンクが嵌りません。
また、DR250S系のポリタンクは下に出っ張るので高速を一定で走っていると左側のガソリンだけ使い切りガス欠、となるので時たま左右にバイクを振ってください。