マフラーの交換


一度は憧れるアフターメーカー製のマフラー。
見た目も変ってスパルタンだし馬力もUPして\(^o^)/

そんな都合のいいマフラーないです

疑問、矛盾があれば掲示板で答えます。
マフラーの交換を考えてる人は一度、目を通してください。

結論から言えば五月蝿いだけでメリットはありません

単気筒のドノーマルエンジンにポン付けで馬力が上がるなんてことはありません。


メリットない理由です。
単気筒の場合排気量の17倍の容積がなければ、充分な効果を発揮しないといわれてます。
オフロードバイクの場合、地上高やエアクリーナー容量の兼ね合いから純正でもそれだけの確保が難しいのです。
つぎに排(背)圧。ただ排圧下げればパワーアップするというのは間違えです。何事にも適性値というものがあります。
決められた車体の限られたスペースの中で適性値を求めて最大の効果を引き出す、そのためにメーカーはアフターメーカーとは比較にならない開発費を投じています。
最後に耐久性。まあこれは軽量化と引き換えなので必ずしも否定ばかりは出来ません。


でも、取り付けたら馬力がUPしたように感じると思います。

その原因は、

音質とトルクの落ち込みです

アバウトですが、大概こんなカーブを描きます。
音で誤魔化され出力が落ちている事に気がつきません。
それでいて僅かに上の方で純正より馬力が出たりします(そういうマフラーも殆どない)。
馬力が格段にUPした!
と勘違いします。

耳栓して乗れば分かります(笑

ディシュで抜けを良くするアメリカのマフラーでさえ、皿の枚数を増やせば五月蝿いしかといって枚数を減らすと純正より馬力が出ない……。
オフ雑誌で盛んに宣伝しているアフター製のマフラー…例えばラフ口のRS○---伏せます---そのマフラーを取り付けてセッティングが出てかつ、パワーが出たなんて話は聞いたことがありません。
セッティングデーターは販売元から出ていますか?

結局、莫大なお金を掛けて開発された純正マフラーが一番なのです
その純正マフラーでキャブセッティングにトライしてください。
メーカーや車種によってもマチマチなのですが、完璧なキャブセッティングで出荷とは限りません。
どうしても機械的な誤差があります。
煮詰めてみてください。
それでも、というならワンランク上の純正品を工夫して取り付けてみてください。

BEET工業のボアアップキット(廃盤)を勧めておりますが、確実に馬力が上がるからです。トルクが増した分、燃費はノーマルより良くなります。一方でハイオク、暖機が必要ですが、乗れば体感できます。マフラーも純正で十分です。

ちょっと値が張りますし、加工や組み付け億劫かもしれません。
けど、アフター製のマフラーを買ってあとでキャブセッティングに泣くより最後にボアアップしたバイクで笑うほうがよくありませんか?

以上が単気筒エンジンのマフラー話です。

多気筒エンジンはマフラーとキャブでデチューンしている場合もあり、
BEET、ヨシムラ等のマフラーの交換は出力アップが望めます。


そんな私も20年くらい前、一度だけつけてみました。
自責の念は今でもあります。

結局、五月蝿いし音疲れするしで半年経たずに棄ててしまいました。

集落の人やハイカー、現場のオジサンに不快な思いをさせる、
それは、自分の首を絞めるだけです。

音のデカイほうが林道では対向車は気が付いてくれていい、
なんてリクツは珍走団と同じレベルです。