強制開閉キャブレター

DR250R純正のTM28SSキャブレター
六つ星てんとう虫さんに依頼して確認して頂きました。
もっと詳しく知りたい方は、掲示板の方に書き込んでください。
ふうてん@管理人
セローに強制開閉TMキャブは付くのか付かないのか、ことの真偽を確かめてほしいという依頼がありました。
私はセローにはあまり執着しませんが、負圧キャブは嫌いなのでいずれ換えてみたいと思っていたところです。
KLXに転用する人も多く、オークションでも結構人気があるようです。
ノーマルと比較してみたところ前後の外径と前後長は全く同じでした。
ただしスロットルケーブルが真上に立ち上がる形状のため、ステーがフレームに干渉します。
そこで引っ張り側ステーを切断し、戻し側ステーを曲げて引っ張り側にしてしまいました。
ケーブルを付けてみましたが、ミラクルフィットします(させました(笑))。
加工したキャブレターです。グラインダーで削りましたが金ノコでもOKです。
この状態で車体に付けてみます。
電装のハーネスが邪魔なので左回しにしたほうが良いみたいですが付きました。
取り付けるとこのような感じになります。
キャブの上のネジがフレームに当たっていますがごくわずかなので平たいネジに交換すれば大丈夫でしょう。

アイドリング調整スクリューはどうしようもないくらい奥にあります。
これはDR350キャブ用のフレキシブルアジャスタに交換すれば解決しますね。
 13267−14D00
です。

あと、チョークノブを引くと燃料コックに当たりますがこれはセローのと交換すれば解決しました。



2009年
セローは六つ星てんとう虫さんの家で朽ち果ててましたが復活。
278ccにこの強制開閉キャブをつけたら化け物になったそうです。
2012/09/10
TM28SSも年代ものであり、スロットルバルブは新品にした方がいいです。