SR125のライトレンズ交換

SR125(B)はPH8であり30w/30w。ライトは暗いです。
フロントディスク仕様の4WPはバッテリー点灯です。
三相交流ジェネレーターを使用しており、単相と比べると発電量は多い。
ならば60w/55wの高効率H4バルブを装着したい。
ライトカウルのダサさはSR125の特徴でもあるので、何かのレンズを流用したい。
注意 バッテリー点灯で60w/55wバルブを装着すると上がります。他の形式は不明です。
ふうてん回路との組み合わせが必要です。

2012/01/30
ふうてん回路との組み合で60w/55wにしています。
レンズの配光はCIBIEには敵いませんね。好みですけど。
それでも、30wバルブと比較すれば、雲泥の差。
一速でサイドスタンドを立てる。エンジンが停止。ライトも消える。
これも便利です。
充電電圧 13.7V
グリップヒーター(18w)ON 13.5V 


ブロンコのライトを流用
ネットに情報がなく、万が一を考えブロンコのライト一式を購入。
結果的には、ライトリム、カウルの加工で済みました。
ブロンコとビラーゴは共有です。品数が出回っているのはビラーゴです。



CIBIEが大好きですが、ヤマハ独自規格で断念です。
レンズとリムは一度ばらします。

ライトケースのツメが干渉し、リムがちゃんとハマりません。



軸付き砥石を装着したドリルで削ります。



削っても、ブロンコのライトケースは使えます。
SR125と取り付け位置が微妙に異なります。



穴位置は下にズレるだけです。
内側。ドリルで穴あけの参考にしてください。



レンズを装着すると、まずわかりません。



バッテリー点灯なら45w/45wのバルブが限界と思います。
ブレーキランプはw数を落とすか、LEDにした方がいいでしょう。
出来れば、ウインカーも10w球にしてください。もちろん、リレーは交換です。
SR125をHID化してもいいんですけどね、古い人間なのでバルブ派です。

ライトカウルの加工に抵抗があるなら、ガレージオチアイさんに相談するといいでしょう。
このサイトのリンクを張り、リムとライトカウルを同梱すれば溶接でやってくれると思います。
http://www.garage-ochiai.com/
ふうてん回路 へ続きます