■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2018年07月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

110cc中華エンジン クラッチ交換 最終回
 何度もクラッチケースの開け閉め。
 ゲンナリしました。こんなことをやり続けるとガスケットがいくらあっても足りません。

 そこで、おすすめするのが、ワコーズのスレッドコンパウンドです。
微粉金属粒子と各種極圧剤により、高温重荷重のカジリ、溶着を防止し、錆、腐食による取付部の固着を防止します。
シール性に優れ、締付トルクを一定に保ちます。
マニホールド、エンジンマウント、各種締付部のボルト、ネジ部に使用できます。
使用温度範囲:-30℃~850℃

 本来はカジリを防止するものですが、薄くガスケットに塗布すると綺麗に剥がれますし、再利用しています。
http://www.amazon.co.jp/dp/B004G5F7QM

 高いですがすぐに元は取りましたね。

 結局、中華エンジンの場合、クラッチ調整のマイナスネジが渋く、そこから8分1回転戻しが原因でした。

 ネジを見れば広がっているのがわかると思います。
 それくらい渋い。
 絶対にこれ以上は回らない、ところまで回して調節。
 これで無事交換出来ました。

 インプレというほどではないですが、振動は減りました。
 若干、速度もあがりました。
 これで当分は安泰です。
 いじり出すとキリがないのは中華も純正エンジンも同じですね。
 別物になっていきます(笑。
 

| http://fuu10.minibird.jp/index.php?e=58 |
| MDカブ::クラッチ | 09:54 AM | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑